ソーイング

ティッシュケースポーチ

制作時間
1時間ほど
難易度
初級

完成形サイズ

H11cm W14cm

材料

材料
分量
表地
H20cm W16cm
裏地
H20cm W16cm
ポケット生地
H8cm W16cm
ファスナー
14cm
レース
16cm

ティッシュポーチの作り方をご紹介します

中にティッシュを入れ込むことができます

ファスナー付きで、ミニポーチになっています

少ない工程で簡単に作ることができます

サイズは縦11㎝ 横14㎝です

それでは作り方を見ていきましょう

材料です

表地縦20㎝ 横16㎝
裏地も同じサイズを用意します

ポケット口生地縦8㎝ 横16㎝を1枚
ファスナー14㎝
レース16㎝を用意します

ポケット生地と表地を裏側に返します

1㎝で折ります
もう一度1㎝で折ります

表地も同じように、1㎝で2回折ります

レースを折ったところに合わせます

端から2㎜ほどを縫います

ポケット生地はもう一度直線で縫います

端から2㎜ほどを縫います

次にポケット生地と表地を合わせます

2㎝重なるように合わせます

反対側も2㎝重ね合わせます

待ち針などでしっかり留めたら、仮縫いをします

8㎜ほど両脇を縫います

次にファスナーを合わせていきます

ファスナーを開き、裏面を合わせます

裏地より2㎜ほど内側に合わせます

次に裏地の表面側を合わせます

裏地は表地の位置に合わせます

端から5㎜ほどを縫います

折り畳み直し、整えます

表地を折って、ファスナーに合わせます

裏返したら、ファスナーを2㎜ほどずらして合わせます

次に裏地を折って合わせます

裏地は表地の位置に合わせます

端から5㎜ほどを縫います

途中でファスナーが引っかかって縫えなくなったら、針を刺したまま押さえを上げファスナーを開けます

すると、最後まで縫えるようになります

中を確認し、表地と裏地の位置を合わせます

表地で生地を包むようにして、中のファスナーを折り畳みます

反対側も同じように表地と裏地の位置を合わせます

表地で裏地を包むようにファスナーを折り畳みます

左右1㎝の箇所を縫います

裏地に返し口5㎝を開けておきます

ここは縫わないように気をつけます

返し口から表に返していきます

角もしっかり整えます

返し口は、ミシンや手縫いなどで縫って閉じます

最後にアイロンで整えたら完成です

絆創膏や薬など入れることができ、1つあるととっても便利です

短時間で作ることができるので、ぜひ挑戦してみてください