ソーイング

あずま袋 -風呂敷エコバッグ-

製作時間
30分~
難易度
初級
<div class="post_row">
<div class="post_col post_col-3"></div>
<div class="post_col post_col-3"><a class="q_button rounded bt_red" href="http://www.youtube.com/channel/UCJSYOz5gRdr26r8bxNY6UJA?sub_confirmation=1" target="_blank" rel="noopener">チャンネル登録する</a></div>
<div class="post_col post_col-3"></div>
</div>

材料

材料
分量
生地 
H57cm × W57cm 3枚
風呂敷やバンダナを使う場合
H53cm × W53cm 3枚

完成形サイズ

持ち手あり H75cm W68cm
持ち手抜き H35cm W68cm

あずま袋の作り方

3枚の生地で簡単に作ることができます

たくさん物を入れることができ、結ぶだけですぐにバッグになります

サイズは、持ち手を入れるとおよそ縦75㎝ 横68㎝です

持ち手を抜くとおよそ縦35㎝横68㎝です

コンパクトに折り畳めて選択も簡単にできるので、エコバッグとしてもおすすめです

それでは作り方を見ていきましょう

材料です

縦横57㎝の生地を3枚用意します

風呂敷・バンダナを使う場合のサイズです

50㎝以上のものを3枚用意します
風呂敷やバンダナを使うと、生地の端処理をしなくていいのでより簡単に作れます

まずは、通常の生地を使う場合の端処理についてです
風呂敷やバンダナを使う場合は、端処理をする必要はありません

生地を裏返し、端を1㎝折ります
もう一度1㎝折ります

反対側の辺も同じように1㎝折ります
もう一度1㎝折ります

全ての辺を同じように2回1㎝折ります

1㎝の箇所をぐるっと一周縫います

残りの2枚も同じように一周1㎝で折って、縫っておきます

2枚の表面同士を合わせます

2辺を縫います

1㎝の箇所を縫います

2辺縫い終えたら、縫い代を開いて倒します

表に返します

三角形に折り畳んで、縫い代の位置を合わせます

もう1枚の生地を合わせます

表面側を合わせます
裏面側が外側にくるようにします

三角形に合わせて、一周クリップなどで留めておきます

1㎝の箇所を縫います

縫い終わったら、今縫った生地をひっくり返します

これで完成です

100均の風呂敷で作ることもできるので、ぜひ挑戦してみてください

その他にも、様々なタイプのエコバッグの作り方を紹介しています

そちらも参考にしてみてください